FC2ブログ
<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>
間違えていたのか・・・。
学生納付特例制度、普通の大学生は、
加入年度分は卒業年度に納めないと、加算額が発生するらしく・・・。
それなら、今年度中に納めようと、
住民票発行のついでに、市役所の国民年金課に行く。

聞いたところ、17年度分は、既に加算額が発生しているかも・・・とのこと(゚ロ゚;)
年度単位じゃないの???
と思いつつ、聞いていたら、「社会保険庁に行けば納付もできる」とか言ってきたので、
ん?もしや・・・来る場所間違えたのか?と気が付くw

社会保険庁の場所が分からないので、アパートに戻って調べるw
市役所の近くらしいけど、また行くのも面倒なので、電話で問い合わせ。
17年度分は、19年度中(平成20年3月31日まで)に納めれば、加算額は発生しないとのこと。
というわけで、今週また行ってきます・・・。
一気に10万ちょっと飛びます(´;ェ;`)ウゥ。。。
引っ越し先への敷金・礼金・仲介料・家賃も払うので、今月は35万くらい飛ぶなぁ・・・。
引越代も親が払ってくれなかったら、40万以上飛ぶことに(;^_^A


これ理解してない大学生は、
加算額を何も知らずに納める、ということ?
普通の大学生なら、大学2年のときの分は、大学生活中に納めないと加算額が発生するのは確実なのに、
何でこんな制度になってるんでしょ?
今年度中に納めないと加算額発生しますよ、的な注意文くらいは郵送してもいいと思うけど・・・。
ある意味、詐欺的な要素を含んでますw
(院生だと、2年ちょっと加算額が発生してしまうわけで・・・)

学生納付特例制度を利用しないで、前納した方がお得です。(約2.1%分お得)
が、就職する場合は、年末調整で社会保険料控除受けると、
納付額の10%程度は戻ってくるので、
卒業年度1~3月(3月ベスト)に加入年度分を納めるとお得です。
それから2年間、3月に納付していくと、お得です。
スポンサーサイト



2008/03/04(火)17:23 その他 trackback:0 comment:0 edit
trackback url
http://daihouko.blog4.fc2.com/tb.php/818-956204a9
trackback
comment
post a message